足回り

自動車を走行させている場合では、足回り付近から異音が発生してしまうトラブルに遭遇することもあります。走行中に路面から受ける衝撃や段差によって異音が発生している場合では、サスペンションを疑うことが基本となります。サスペンションは高耐久なパーツに入りますが、あまりに長い年数にわたって長距離を走破しているような自動車の場合では、傷みが生じている可能性があり、交換することで修理を済ませることができます。

 

また、受け皿となっているブッシュ部分の傷みでも異音が発生する可能性もあるために、合わせて点検することがお勧めになります。また、非常に多い傾向にあることとしては、タイヤに関する内容があります。例えば空気圧が十分では無い状態で高速走行などを行った際には、独特の異音が発生することがあり、対応策としては適切に空気を入れることを行うだけで済みますが、普段からのメンテナンスが大切になる部分です。さらにタイヤ周りでは、タイヤの溝に異物が挟まっている場合や、釘などが刺さってしまっている場合での走行では、やはり大きな異音が発生することになります。この点では目視点検が出来る範囲となるために、自動車を運転する前には点検作業を忘れずに行うことが必要になります。

コメントは受け付けていません。