ガソリン臭

ガソリンの臭いがしている場合には車から漏れている可能性が高いです。稀にフューエルタンクのキャップのパッキンが寿命で気化し臭いがしている場合がありますが、ほとんどの場合は漏れです。その漏れで考えられるのはフューエルタンクに装着されているパイプが濃厚でしょう。このあたりのパーツは燃料が常に行き来くるところであり傷みやすい場所だからです。亀裂が入っていたり穴が空いている場合があります。出来れば車検や定期点検時にチェックしたいポイントです。このあたりから臭いがし漏れが確認出来たら早期に修理を行いましょう。そのまま走行していると、走行時の振動で亀裂や穴が広がり多くの燃料が漏れてしまう可能性があります。

 

一番危険なのは漏れた燃料に引火する事です。揮発性が非常に高いので引火すると爆発に繋がります。取り返しのつかない状態を防ぐ為にも定期的な点検は必須であると共に、気がついたらすぐに対処するようにしましょう。ご自身で対処が難しい場合はロードサービスに頼みますと安全に対処して貰えます。フューエルタンク自体に錆が発生し穴が空いて漏れるという事も塩害が考えられる地域ではあり得ますから要注意です。洗車やワックスがけが出来ない部分は定期的に点検するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。