車から異音がする場合

自動車に乗っていると、いつもとは異なる異音が発生してしまい、悩まされることがあります。走行中に発生する音に関しては、エンジンルーム内から聞こえる音やタイヤが路面と接する際の音、そしてボディが風を切る音などがありますが、時には異物によって異音が発生してしまうこともあります。例えば飛んできたビニール袋などは、ボディの裏側のパーツに挟まることも多く、その際には結構な音が出てしまうこともあります。対策は停止した状態でボディの裏側などをチェックして、異物がある場合では取り除くことができます。また、ハンドルを大きく切った際に発生してしまう異音に関しては、ステアリングオイルを交換することで解決できる可能性があります。

 

エンジンの周辺から聞こえることの多いものでは、ベルト系の緩みに関することや、エンジンそのものに取り付けられているブッシュの傷みなども想定され、適切に調整することがお勧めになります。他にはブレーキを踏んだ際に発生してしまう異音もあります。このケースで多いことでは、ブレーキパッドが擦り減っていることの警告音の可能性が高いために、できるだけ早い段階で修理工場などに持ち込みをして点検を行って、必要に応じてパーツ交換を行うことが必要になります。

19ILCH05

コメントは受け付けていません。