車から異臭がする場合

自動車にエンジンを掛けた状態で、アイドリングをしたり、実際に走行している最中などに、普段は感じなかった異臭が発生してしまうことがあります。臭いの種類によって原因は大きく異なるために、素人では判断することが難しい傾向にあります。そのため、危険を感じた場合では、早急に修理工場などを利用することがお勧めになります。具体的な例としては、少し甘い香りのする異臭の場合では、冷却水が漏れている可能性もあります。冷却水が漏れている場合では、沸騰している可能性も高いために、キャップなどを開ける際には注意が必要になります。また、ビニールが焼けたような異臭が発生することもあります。この場合では、各種配線が焦げ付いている可能性もあり、配線によっては非常に危険です。直ぐに修理に出すことが必要です。

 

大きな異臭を感じることの多いものの中にはマフラーの異常があります。マフラーはフロントパイプやセンターパイプなどいくつかのパーツに分かれているものですが、多くのケースで腐食してしまったことを原因として、マフラーに穴が開いていることが想定されます。対処方法としては、修理工場などで点検をすると直ぐに判明することになるので、対応しているパーツに交換することで修理を済ませることができます。

コメントは受け付けていません。