ゴムが焼ける臭い

自動車を乗り続けていると、時にはアクシデントに遭遇することがあります。特に自動車の場合ではテレビなどの電化製品と異なって、常に稼動しているパーツが多いために、不具合が発生してしまうこともあります。その中の例としては、ゴムが焼けるような臭いを感じる場合があります。臭いの元を素人が判断することは非常に難しいことでもありますが、例えばエンジンルーム内から臭いが発生しているならば、ベルト類の緩みやオイル漏れ、冷却水などを疑ってみることも良い方法です。特にオイル漏れによって付近のベルトなどに付着してしまった場合では、焼けるような臭いが強く発生することがあります。

 

また、下車した後に焼けるような臭いを感じることがあります。エンジン回りに不具合が無い場合では、タイヤ周辺を疑うことも良い方法です。タイヤは一般的には擦り減ったり、バーストしたり、パンクをしてしまう以外には不具合が発生することの少ないパーツになりますが、ブレーキのディスクが固着してしまった場合では、かなりの熱を発生させることがあり、ブレーキ周りの熱がホイールを伝わってタイヤにまで波及することも想定することができます。この対策では、ブレーキを交換することで直ぐに修理することができます。

コメントは受け付けていません。